キャッシングはじめての為の安全ガイド【はじめて編】

キャッシングはじめての為の安全ガイド【はじめて編】

このサイトでは、私の過去のキャッシング会社やクレジットカード約11社の利用経験を踏まえてお金を借りる事に特化した情報をお届けします。ですので、キャッシングはじめての方でも安心してご覧できる内容になっています。
まず、不安を解消する為にいくつかポイントをお伝えします。


【ポイント1】家族に内緒でも借りられる??
お申し込みの時に担当者にお願いすれば、バレないようにしてくれるので大丈夫です。
【ポイント2】会社やパート先にバレない??
働いている場合、在籍確認を行う電話が職場に一度だけ入りますが個人名でかかってくるので、周りには保険屋さんと言っておけば問題ありません。(その時、あなたが会社にいなくても他の誰かが本日は○○はお休みor外出中ですと言ってもらえればOK)
【ポイント3】郵送物でバレない??
これも担当者にお願いすれば問題ありません。個人名で送ってくれます。もしくはWEB完結のサービスであれば郵送物は一切ありません。
【ポイント4】借入って恐くない??
借入というと恐いイメージもあるかと思いますが、きちんと返済していれば銀行となんら変わりはありません。(本当に恐いのは違法で営業している闇金融で借りてしまった場合です)
→より詳しい話はキャッシング初心者の為の安全ガイド

まずは気軽にHPから仮申し込みをしてみましょう。簡単に融資可能かだけでも分かります。

 安全融資のおすすめランキング2013

No.1 新しいローンの形【CARENT】
キャレントの利用方法はインターネットを利用しての申込み、借入れ、返済となっており、インターネットキャッシングなどと呼ばれます。実際に利用してみると、わざわざATMに向かったり、電話をしなくてよいので、個人的に非常に便利な利用方法だと思います。キャレントのおすすめはやはり、主力となっているフリーローンかレディースローン。主婦の方でも申込みでき、何度でも30日間無利息という条件は非常に魅力的です。

→新しいローンの形【CARENT】の詳細へ


番外編 キャッシングくらべる君[匿名で安心]
【匿名審査】でキャッシング・カードローンを比較できる「キャッシングくらべる君」消費者 金融やカードローンの比較もおまかせ。地域限定、金利、審査、即日融資などの貸付条件からあなたにぴったりのキャッシングが比較できます。キャッシングくらべる君を利用するメリットは、貸金業法の改正後、消費者にとって消費者金融は安心と安全を提供してくれることになりました。でも、消費者はまだまだキャッシングなどでお金を借入れることについての様々な疑問や不安を抱えているのです。
金利のこと、返済のこと、こんな時、あんな時はどうするの?消費者金融の総合情報サイトであるくらべる君は、キャッシングの基礎的な知識からお役立ち情報まで、カユイところに手が届く、消費者のために作られたサイトです。知っている、見たことが有る、有名な消費者金融が数多く加盟しており、各加盟店の最新情報なども掲載、例えば金利変更などの情報も素早くここで確認することが可能です。
各金融機関の条件には様々な違いが有るものです。それを個人が一つ一つ調べ上げるのは大変な作業となります。くらべる君は、匿名により、借り入れの条件を即時で、しかも複数の金融機関の情報を提供してくれるという優れたサービスが魅力です。
一体どこのキャッシングを利用したら良いだろう?という消費者の疑問をニーズにより並べ替えする機能なども充実。自分が重要視したい選択を賢く見極めたうえで、しっかりとしたキャッシングを行う手助けをしてくれるのです。氾濫する情報は頭を悩ます元になり、急いでお金が必要な時更なる混乱を招くことが有ります。 そんな時、くらべる君がしっかりとフォローしてくれれば私たち消費者にとってこれほどの安心は無いですね。くらべる君は私たち消費者の心強い味方です。

→キャッシングくらべる君[匿名で安心]の詳細へ


番外編 イオンカードセレクト[年会費無料]
隠れた穴場が小売業のジャスコでお馴染みのイオングループが発行するカード、それがイオンカードです。お客さま感謝デーに使うと割引特典があったり、入会費や年会費無料でイオンが大好きな人にとっては重宝するサービスですが、実はキャッシングでもその威力を発揮します。最大まで300万円の融資が受けられるというのは、銀行系や信販系にも引けを取らない魅力的な条件ではないでしょうか。実質年率も最高18.0%までと低く抑えられています。イオングループ自体イオン銀行の設立に乗り出し、イオンカードが更に使い勝手がよくなる条件が整おうとしています。イオンを使わない人にまで無理に薦められませんが、それでも隠れた優良キャッシングの穴場がここにあることは間違いありません!

→イオンカードセレクト[年会費無料]の詳細へ

↑ページの先頭へ

 そもそもキャッシングとは?

そもそもキャッシングとは何でしょうか。こう問われてみると、意外とはっきりした答えを返すことができない……という方もおられるでしょう。「キャッシュ」がどうこうだから何かお金に関係があって、お金を貸してもらえるシステムがあって……というのが大体イメージされるかもしれません。キャッシングとは、一言で言えば小口の融資ということになります。つまり会社や法人団体といった大手の団体に対する融資ではなく、一人一人の利用者の方に対する小口の融資お金の貸し借りによる取り引きを意味するというのが正確な意味になってきます。その貸し借りに際しては日常で使う程度のお金から、ローンを組んだ本格的に大口の融資まで様々です。

↑ページの先頭へ

 1万円から始められるキャッシングの世界

キャッシングは利用者に対する小口の融資、つまりお金の貸し借りを意味します。それでも融資という言葉からはどうしても「小口といっても十万円や百万円単位のお金の貸し借りの話なんじゃないかな」と思われるかもしれません。しかし、実は会社によってはキャッシングは1万円から始めることもできるのです。こう書くとキャッシングがごく身近に感じられるのではないでしょうか。1万円程度のお金ですが、キャッシングではしっかり金利はついてきます。でもそれを含めても返すのにはさほど無理はないはずです。給料日前のちょっとお金がないという時や、旅行に出かけていてお金がなくなった……という緊急事態でも、即日審査即日融資を売りにする会社ならすぐに融資をしてもらえます。

↑ページの先頭へ

 あのAMEXもキャッシングに対応している!

海外でも通用するクレジットカードとして伝統があり、今なおその地位を不動のものにしているアメリカン・エクスプレス・カード(通称AMEX・カード)。ところで、このAMEXを利用している方にもキャッシングを受けることができることをご存知の方はおられるでしょうか。入会後六ヶ月経っているという条件をクリアすれば、このAMEXでのキャッシング・サービスを受けることができます。言うまでもなく、AMEXは海外でも強みを発揮するカードです。むしろ海外旅行や海外出張でこそ威力を発揮すると言えるかもしれません。AMEXのキャッシングはもちろん海外通貨にも対応していますので、もしも海外で急にお金が必要になった場合にこのサービスを利用すれば、スムーズに急場をしのげます。

↑ページの先頭へ

 ATM普及に対応してキャッシングも更に便利に!

ATMとは正式には現金自動預け払い機と呼ばれます。自動販売機などと同じように、原則としては無人でサービスに対応してくれる機械なのです。昔は銀行や郵便局だけにしか置かれてなかったこのATMも、時代は変わり様々なところに置かれ始めるようになりました。もっとも普及した場所としてはコンビニが挙げられます。コンビニは原則として24時間営業なので、帰りが不規則になったり普段なかなか銀行や郵便局に行けなかったりする人にとってその需要を満たせるようになりました。キャッシングもこうしたATMの普及や取り引きの自動化に対応して、コンビニなどでのATMから使えるカードが次々と発行されています。先に書いたような生活のサイクル上の都合だけではなく、キャッシングを利用して借りているところを見られたくないプライバシーが気になる方にとっても便利な状況になりました。

↑ページの先頭へ

 銀行系だから安心!のDCキャッシュワン

キャッシングの世界を探ろうとGoogleやYahoo!で検索してみると、それこそ膨大な数の会社が存在していることに気がつかされます。年利や審査のスピードなどどこから注目していいのか分からない方にとってキャッシングに関する一つの目安としてお話しすると、まずバックになる会社がどのようなところかを知ることが大事です。怪しい会社の融資を受けるより、身元がはっきりした会社の方がいざという時に頼もしいですよね。DCキャッシュワンならバックは三菱東京UFJ系なのでその意味では安心して申し込むことができます。銀行として大手だからというのもありますし、相手は金融関係のプロだからというのも安心材料になります。またDCキャッシュワンならパソコンだけではなくモバイルでも申し込みができる手軽さが嬉しいところです。

↑ページの先頭へ

 あなたのケータイをお財布に、そしてカードに!のDCMXキャッシング

キャッシングの世界でDCMXという会社があって……と聞いてピンと来る人は少ないかもしれません。DCMXはNTTドコモによって2006年に始められたキャッシング・サービスです。電話会社がなぜ? と思われるかもしれませんが、実は母体となるNTTグループは金融の世界でもその実績には定評があり、その蓄積を生かしつつ始められたのがDCMXであるという見方もできます。では、ドコモという携帯電話会社がキャッシングをするメリットは? という話になってきますがキャッシング枠自体は正直なところ他の銀行系や信販系などのキャッシング・サービスと比べるとそう広くありません。むしろDCMXが秀でているのはまさにそうした融資を含めたお金のやり取りをする際に、携帯電話を使いやすくするテクノロジーの場面においてです。携帯電話をおサイフケータイやクレジットカード代わりにすることでより安全に、かつより手軽に決済させるという使い勝手の良さがDCMXの特徴です。

↑ページの先頭へ

 JALカードでキャッシングなら、マイルもだんだん貯まって便利

クレジットカードにはほとんどのばあい、ショッピング枠とは別にキャッシング枠が設けられています。よく似ていますが、注意して見た場合金利が異なるのが分かるでしょう。このキャッシング枠をそのまま使ってキャッシングを行うというのも一つの手です。それに対応しているカードのうちの一枚が、JALカードになります。JALは言うまでもなく日本最大手の航空会社ですが、JALカードを使ったキャッシングのお得な点と言えばやはりマイレージサービスが挙げられます。キャッシングに限らず、カードを使っているだけで(別に飛行機に乗っていなくとも)マイルがどんどん貯まっていくのが嬉しいところです。そのマイルポイントを、航空券やSuicaポイントなどに変換すれば更にお得!

↑ページの先頭へ

 クレジットカードを使って頼れるキャッシング、それがJCB

JCBは日本のクレジットカード会社最大手ですので、名前だけでも知っているという方は多いでしょう。クレジットカードの支払い枠をキャッシング枠にすることでお金を借りられるというのが信販系のキャッシング・サービスの特徴ですが、やはり大手の会社に頼って安心して利用したい、という方にとってもJCBは頼れる会社の一つです。JCBのキャッシング払いとしては1回払いとリボ払いの二種類があります。また、キャッシング1回払いを選んだ後に「やっぱり支払いをリボ払いに変更したい」と思った方はリボ払いに変更できるので、実質的には三種類あると言えるでしょう。また、海外でも強みを発揮するJCBのキャッシングとしては、海外キャッシング1回払いがあります。海外で必要になった際に現地通貨で払ってもらえる、という大変便利なものです。

↑ページの先頭へ

 大手銀行がバックだから安心! のNICOSカードでのキャッシング

NICOSカードにももちろんキャッシング枠はあります。NICOSカードの強みの一つとしてはまずバックが三菱UFJニコスであること。特にキャッシングに対してあまり肯定的な印象を抱いていない方にとっては、こうしたはっきりした身元のある会社に頼れるというのは心強いはずです。また、実質の年率も最高でおよそ18.0%までと、他のクレジットカード関連のキャッシング枠の金利と比べるとやや低めに抑えられているというのも嬉しいところです。もちろん返済は計画的に済ませなければならないのであらかじめ返せるかどうかを冷静に判断したいところですが、しかし人気の高さの秘訣がここから伺えることも事実です。提携しているコンビニのATMが多く、返済だけではなく借入ができるところも便利です。

↑ページの先頭へ

 キャッシングに力一杯取り組んでます! という頼もしいOMCカード

その昔OMCカードだった会社はセディナへと社名が変わりましたが、カード自体はOMCカードとして存続しています。こちらはキャッシングに非常に力を入れているのが特徴です。まず目を引くのは7日間無利息キャッシングというキャンペーン。加入してから30日間だけ使えるこの無利息キャッシングは、とにかく早速カードを使ってお金を借りて、それですぐに返してしまいたい方にはお薦めですよね。もちろん入金のスピードが遅ければ話になりませんが、即日振込にも対応しておりスピーディーさも万全です。また、カード自体をスピード審査で発行してもらえるところも嬉しい点の一つでしょう。携帯電話にも対応しており、いつでもどこでもすぐにキャッシング! を実現させたフットワークの軽さは見逃せません。

↑ページの先頭へ

 ネットバンクだからできる低金利! 住信SBIネット銀行のキャッシング

住信SBIネット銀行という名前を耳にしたことのある方はどれぐらいおられるでしょうか。この銀行は、2007年に住友信託銀行とSBIホールディングが共同で設立した新しいインターネット専業銀行、つまりネットバンクなのです。ネットバンクは徹底的にコストを削減させたことで預金に関して高金利を実現させていることは知られていますが、キャッシングにおいても低金利を実現させています。実質の年率が最高でも10.0%、と聞くとびっくりする方もおられるでしょう。しかも最高500万円までのキャッシングが可能、というこれまでの常識を引っくり返すキャッシングを実現させています。将来はこうしたネットバンクからのキャッシングが常識になる時代が来るかもしれません。

↑ページの先頭へ

 旅行やショッピングだけじゃない! U.C.カードの頼れるキャッシング

U.C.カードといえばVISAやMastercardと提携していることで有名です。国内での支払いだけではなく海外でも重宝したという記憶を持っておられる方も少なくないでしょう。そんなクレジットカードとして強みを持つU.C.カードは、実はキャッシングの世界でも威力を発揮します。融資額は1万円からと小口の取り引きも大丈夫ですし(最大300万円まで)、そして利率も15.0%~18.0%までと低く抑えられているのが特徴です。対応しているATMが銀行から郵便局、そしてコンビニまでと数多いのもU.C.カードの強みでしょう。また、海外でも重宝すると書いたとおり、海外での現地通貨キャッシングにも対応しています。そして海外のATMも使える! 海外でも国内でも存分に、そのカードの持つ実力を発揮します。

↑ページの先頭へ

 今人気のmobitを見逃すな! 三菱東京UFJ銀行のキャッシング

三菱東京UFJ銀行のキャッシングで有名なのは、やはりmobitでしょう。このmobitによるキャッシングはそれまでのキャッシングの常識を覆すサービスを見事に提示しています。まず、ベースとなるのが大手銀行であることを踏まえましょう。小回りの効く小会社や融資専門会社ではなく、金融の世界で幅を利かせる銀行がやっているからこその型破りなサービスであることを知っておくことが大切です。まずは審査結果がたったの10秒で分かること! 銀行系キャッシングは基本的に相手の条件を慎重に吟味する傾向があるからこそ審査が遅くなり、あるいは審査をクリアするハードルが高くなったりします。しかし審査結果が分かれば即時振込にも対応してくれるスピーディーさはこれまでには見られなかった特長です。金利も18.0%までと低く、限度額は300万円まで。しかもパート・アルバイトの方でも利用できる! チェックしておいて損はないと言えるでしょう。

↑ページの先頭へ

 搦め手から攻めてみる VISAカードを使ったキャッシング

日本で発行されているクレジットカードの枚数は何枚かご存知でしょうか。もちろんクレジットカードといってもピンからキリまでありますが、総枚数は2億7千万枚にも上ると言われています。それだけ発行されているということは、それだけ持ちやすいということなので銀行などでキャッシングを頼るのではなく、クレジットカードを持ってそこからキャッシング枠を利用するという方法もキャッシング利用の一つになってきます。例えば持っててよかった! で有名な三井住友VISAカードの場合、キャッシングリボ払い枠を使えば200万円までの融資を受けられる計算になります。ただし、この三井住友VISAカードでは200万円を一括払いで返すことはできません。あくまでリボ払いを選ぶ必要があります。こうした返し方がどうなっているかについても、知っておく必要があります。

↑ページの先頭へ

 全部オンラインで済ませちゃえ! webキャッシングという選択肢

Webキャッシングというのはその名の通り、インターネットでキャッシングの手続きを全部済ませてしまうことを言います。極端に言えば自分の個人情報をWebで入力すれば審査してもらい、あとはお店にいかなくても自動的に即日振込がなされるというサービスのことです。そんなことができるの? 大丈夫なの? とお思いの方もおられるでしょう。信用第一の銀行系のキャッシングではなく、信販系や純粋にキャッシング・ローンに特化した会社でそうしたキャッシングを受けることができます。審査の方もかなりハードルは低いです。ただ、借りやすさは時としてこちらの金銭感覚を麻痺させることにも繋がります。借りやすいからこそ生まれるデメリットに気をつけることも重要です。

↑ページの先頭へ

 女性だからできるきめ細かなキャッシング、それがアイリス

一口に「融資」「キャッシング」といっても、そのお金の使い道は人それぞれ。投資に当てる方、ローンを組む方、借金の返済に当てる方……など千差万別です。しかし、年齢層や性別で分けてみると「その年齢・性別特有のキャッシング」というのも見つかります。例えば女性を例にとって見た場合、女性だからこそしなければならないキャッシングがあり、逆に言えばその必然が分かるのは他でもない女性、ということになります。アイリスはそうした「女性」に特化したキャッシングを行っていることで有名です。10秒審査であること、保証人が要らない(つまり旦那さんの付き添いが要らない)、プライバシーを守ってくれる……など、アイリスのキャッシングは女性が気になる部分についても丁寧にケアしてもらえるのが特徴です。

↑ページの先頭へ

 消費者金融系ならではの強み! アエルのキャッシングでどこまで借りられる?

消費者金融系のキャッシングというと「サラ金」とか「悪徳」とかいう悪いイメージを抱いてしまう方も多いでしょう。もちろん金利が銀行系や信販系と違って高かったり、融資の基準が緩かったりとこちらを甘い罠で誘っているんじゃないか……と疑り深くなっても仕方がありません。しかしきちんと財務局に登録している会社は決して、そんな悪徳金融と一緒にしてはいけません。あとは自分の判断で借りましょう。アエルのキャッシングのユニークな点としてはウェブサイト上で四つの質問について答えるだけで限度額を自動的に割り出してくれるところです。こうしたことができるのは、アエルにしっかりとした消費者金融業の世界での経験が蓄積されている証拠です。

↑ページの先頭へ

 流石は金融大手! アコムのキャッシングなら安心だ

タモリさんをCMに起用したことで注目を集めたアコムですが、調べてみると口コミで非常に人気が高いことが分かります。タモリさん効果? いえ、「実際に借りに言ったら希望通りの額が借りられた」「ここで借りてよかった」とアコムに感謝する人が実はとても多いのです。その背景としては実は意外に知られていませんが、三菱UFJフィナンシャル・グループに属していることから。またアコム自体も消費者金融界では五指に入る大手なのです。当然身元もしっかりしていますし、多くの取り引きをこなしたノウハウは蓄積されています。例えば金利を見てみると、消費者金融系のキャッシングではかなり低金利の最大18.0%! 信販系のキャッシングに匹敵します。評価が高いのには、必ず理由があるのです。

↑ページの先頭へ

 三井住友銀行がバックにいるから大丈夫! アットローンのキャッシング

「あの黄色い看板何?」というコマーシャルで有名なプロミスですが、このプロミスが実はあの三井住友銀行グループの個人向けキャッシング(カードローン)であることを知っている方はどれほどおられるでしょうか? 消費者金融と一口に言っても、こうしてバックに頼れる金融機関が支えてくれている会社もある、というのが現実です。そのプロミスを擁する三井住友銀行のキャッシング会社がアットローンです。銀行系のキャッシングと比べると審査はスピーディーですし条件も甘めになってきますが、そこはさすが金融会社がバックであることだけあって金利も低く抑えられています。借入や返済のシミュレーションをサイト上で行うこともできますし、24時間対応しているからいつでも必要な時にお金が手元に! とても重宝する会社です。

↑ページの先頭へ

 キャッシングで悩んだら、ジャパンネット法務事務所に相談しよう

事前によく情報を仕入れて、返済をシミュレートして、そして返していく……これが理想的なキャッシングの返済の流れです。ですが、そう事前に描いた青写真どおりにはいかないのもまた現実です。特に借りた会社が闇金融と呼ばれるところであったり、事前の契約書にきちんと目を通してなかったせいでトラブルが生まれたりという落とし穴がありうるのもまた事実です。こうした場合の相談窓口の一つが、ジャパンネット法務事務所です。いざトラブルが起きた場合弁護士をどうやって探せばいいのか、書類をどう用意すればいいのか、そうした手続きについてもジャパンネット法務事務所では詳しく教えてもらえます。あるいはキャッシングを検討している方は事前に公式サイトを読んで、キャッシングに関する知識を身につけておくのも一つの手です。知識は荷物になりません。

 キャッシングを使うとホテルを優先予約できちゃう!? アプラスのローンカード

新生銀行グループが提供するキャッシングとしては、株式会社アプラスが挙げられます。アプラスでは二種類のキャッシングを利用することができます。一つはクレジットカードを作って、そのキャッシング枠で融資を受けるというものです。そしてもう一つは、キャッシング専用カードを作ってしまうことで、こちらはローンカードを呼ばれます。クレジットカードはもちろんそれを持っていれば買い物にも使えますが、ローンカードは使えません。ただ純粋にキャッシングのためだけのカードで、それ故に最大金利18.0%までと抑えられています。なお、クレジットカードキャッシング枠では貸付金利は18.0%ですが、ここからさらに高くなる可能性もあります。ポイント制があったり、提携施設で割引や優待特典を利用することができるというユニークなサービスもついてきます。

↑ページの先頭へ

 どうしてもアメリカン・エキスプレスでキャッシング……という方の裏技

アメリカンエキスプレス・カードは持っているだけで傍から一目置かれるという存在ですが、実際のキャッシングの利率は最高18.0%。キャッシングの面から見ても銀行系・信販系と同じく低金利で安心して使えるという強みを伺わせます。ですが、アメリカン・エキスプレス・カードは自分の条件じゃ持てない……という方は、裏技として例えばセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードのように、他会社と提携しているカードを試してみるという手もあります。もちろん本家ほどではないでしょうが審査条件は厳しいかもしれません。受けられる保障も違ってきます。ですが、キャッシングの年利は本家と同じで最高18.0%なので、アメックスを使いたくてキャッシングも利用したい方にはお勧めの方法です。

↑ページの先頭へ

 マジで俺でも借りられちゃったよ!? 超柔軟キャッシングアレックス

キャッシングの悩みの種はやはり身元審査です。でも、冷静に考えればお金が一番必要な時って実は社会的信用がなくなった時だったりしませんか? 具体的には会社を解雇されたり、離婚したり多重債務に陥ったりした時、だったりします。そういう時にこそ借りたいのに、そういう時は大体どこの消費者金融も滅多に貸してくれません。貸したまま回収できなければ会社の損になるからです。また、そんな状態で貸そうなんていう会社こそ怪しいという逆説も生まれます。でも、アレックスはそんな常識を覆す条件の緩いキャッシングを行っていることで有名です。何と、破産経験者やブラックリストに載っている人にも融資を行うのです! しかも正規の金融業者として金融庁にも登録されています。最後の駆け込み寺として、アレックスの名前は覚えておいて損はなし!

↑ページの先頭へ

 隠れた穴場 イオンカードで大口キャッシング

小売業のジャスコでお馴染みのイオングループが発行するカード、それがイオンカードです。お客さま感謝デーに使うと割引特典があったり、入会費や年会費無料でイオンが大好きな人にとっては重宝するサービスですが、実はキャッシングでもその威力を発揮します。最大まで300万円の融資が受けられるというのは、銀行系や信販系にも引けを取らない魅力的な条件ではないでしょうか。実質年率も最高18.0%までと低く抑えられています。イオングループ自体イオン銀行の設立に乗り出し、イオンカードが更に使い勝手がよくなる条件が整おうとしています。イオンを使わない人にまで無理に薦められませんが、それでも隠れた優良キャッシングの穴場がここにあることは間違いありません!

↑ページの先頭へ

 これも実は違法だった!? キャッシングの意外と知られていない常識

テレビ番組などでよく、悪徳金融業者が罵詈雑言の限りを尽くして電話で相手を脅迫し取り立てをしているシーンを見かけます。でも、キャッシングを利用していながら借りて返せないのがそもそもの原因なのだから、こんな乱暴なことがまかり通るのも仕方がない、と思っていないでしょうか。実はキャッシングの世界では、違法なことが正々堂々と行われているケースが少なくありません。何度も電話をすることはおろか、そもそも乱暴な言葉で取立てをすることそれ自体が違法なのです。もう一度繰り返しましょう。「乱暴な言葉で取立てをすること」たったこれだけで既に違法なのです。つまり取り立ての現場で「バカ野郎」とののしられたら、暴れなくてもその時点で法に抵触している可能性があるのです。こうした知識を事前に知っておけば、プレッシャーで苦しむ心配は御無用です!

↑ページの先頭へ

 キャッシング利用の入り口、インターネット

緊急で困ったときにキャッシングが便利ではあるのですが、会社の比較や選び方など非常に迷うところです。それをすばやく簡単に行えるのがインターネットではないでしょうか。検索エンジンで「キャッシング」「比較」とキーワードを入れれば、簡単に比較サイトが検索されます。その中から見やすく比較内容がわかりやすいところを選という手順になります。そして申し込みですが、今少し必要と言うとき、複雑な手続きが必要では困ってしまいます。そのような煩雑な手続きや、多数の比較検討にはやはりインターネットが適していると言えるわけです。そしてそのまま融資申し込みまでスムーズにできると言う点でもやはりインターネットが非常に便利です。

↑ページの先頭へ

 エポスカードでのキャッシング

クレジットカードには基本的にキャッシング機能がついているのですが、このエポスカードも例外ではありません。ポイントとしては不意の出費や、給料日前のちょっとしたピンチのときに身近な場所で利用できるということと、「リボ払い」「一括払い」が自由に選べ、計画的に返済できること、そして可能額の範囲内で何度でも利用できることがあげられます。また、利用できるATMもセブン銀行、ファミリーマート、ローソンなどコンビニのATMで可能と言うことで非常に身近で使いやすくなっています。さらに利用時の時間外手数料は一切かからないので、緊急時の対策としてエポスカードのキャッシングを検討に入れるのも良いのではないでしょうか。

↑ページの先頭へ

 キャッシングの選びかた

キャッシングを行おうとする時一番気になるのは、どのキャッシングを選べばいいのかと言うことではないでしょうか。しかしこの選びかた、インターネットを利用することで非常に簡単に比較検討し申し込むことが出来ます。さて、選びかたのポイントとですが、まず検索エンジンで比較サイトを探します。そして次の要素について比較がわかりやすいサイトで検討します。その重要な要素はやはり「金利」「審査時間」「限度額」ではないでしょうか。これら要素を比較検討し、今一番自分に適しているところを選ぶわけです。選び方の基本は、やはり金利が安くて審査時間の短いところとなると思いますが、借りすぎには十分注意してキャッシングを検討してください。

↑ページの先頭へ

 キャッシングのお得情報

キャッシングをして得なことはあるのか、これは非常に重要なポイントかと思います。しかし実はキャッシングに関するお得情報があるのです。例えば業者によって様々なキャンペーンを行っている場合がよくあります。WEBキャッシングであればCMで流れている曲の着うたダウンロード。またその他キャッシングの場合、一定期間の金利ゼロキャンペーンや、提携クレジットカードの永年年会費無料得点、会社によってはキャッシング契約した方に抽選で商品券プレゼントと言うところもあります。またポイントサイトなどから申し込みをすると高額ポイントが還元されるなど、探せばお得な情報はたくさん。キャッシングする時にはそこも検討してはいかがでしょうか。

↑ページの先頭へ

 複数キャッシングをまとめる、おまとめキャッシング

この世界的な不況の中、緊急時が続いてしまい複数の会社からキャッシングをしてしまった方もいるかもしれません。その場合それぞれの返済額があり、かえって月々の負担額が増えてしまいます。そこで検討したいのがおまとめキャッシングです。このおまとめキャッシング、月々の返済額を減らすことができ、さらにうまくいけば相対的な金利も下がる可能性もあります。おまとめキャッシングですが、現在かなりの種類があり、比較検討しやすくなっています。キャッシングをするときのようにインターネットで比較サイトを検索し、金利の内容や審査、そしてその他キャンペーンなど多くの要素を考えれば、より有利に返済が出来るところを選べるのではないでしょうか。

↑ページの先頭へ

 オリコでキャッシング

オリコといえば日本のクレジット会社ですが、このオリコでもキャッシングは行っています。オリコ公式サイトの「ローン&マネー」のコンテンツを見てみると、いくつかのローン商品の項目があり、そしてその中にオリコカードのキャッシングサービスがあります。このサービス、基本的にはその他クレジット会社のキャッシングサービスと変わりません。ただ他の目的別ローンと比べると、クレジットカードに付属のサービスであるだけに審査の時間を待つこともなく、近くにある提携ATMなどで1万円単位で引き出すことが出来るので非常に便利と言えるのではないでしょうか。 ただ便利だからとはいえ使いすぎには十分注意して、計画的に利用することをお勧めします。

↑ページの先頭へ

 オリコカードでのキャッシング利用

オリコカードでキャッシングを利用する場合、ATMで利用する方法と、電話やパソコン、携帯電話から申し込み、口座に振り込んでもらうという方法と2種類あります。ATMを利用する場合、利用可能な提携ATMを探さなければいけないのですが、オリコカードの場合、ゆうちょ銀行や都銀各社、そしてセブン銀行、イオン銀行、ローソンATMと利用可能な提携ATMが非常に多く緊急時に便利です。また電話やパソコン、携帯電話から申し込む場合、24時間いつでもキャッシング可能で、振込みのタイミングは銀行であれば13時まで、ゆうちょ銀行であれば17時までに申し込めば即日振り込み可能。そして基本的に申し込み後30分以内に振り込まれます。

↑ページの先頭へ

 オリックスのキャッシング

オリックスのキャッシングとはオリックス・クレジット株式会社のカードローンのことを言い、商品名としてはオリックスVIPローンと言います。金利は他のキャッシングと比べやや低めで、融資額は最高で500万円と非常にゆとりのあるものとなっています。また、利用可能なATMはゆうちょ銀行をはじめ、セブン銀行、ローソンATM、サークルK・サンクス、そしてファミリーマートとコンビニをほぼ網羅しており、銀行も都市銀行や信金といつでも、どこでも、どのタイミングでも不自由のなく利用できます。さらに入会後、オリックスグループのご勇退割引や、お得情報満載のメンバーシップメール、カウンセリングデスクなどサービスも充実しています。

↑ページの先頭へ

 オンラインキャッシングとは

店舗まで行くのは気が引ける、無人契約機もなんとなく心細いと言う方には、インターネットで申し込み、審査が可能なオンラインキャッシングという手段があります。このオンラインキャッシングですが、ほとんどの業者が行っており、インターネットで条件の比較検討をするサイトからそのまま申し込みの作業に移ることが可能となっています。手順としては各社の申し込みフォームに必要事項を記入し送信すると、詳細確認の作業に入るのですが、これは書類の郵送であったり担当者からの電話での確認であったり、無人契約機であったり方法は様々です。融資金の受け取り方法ですが、口座振替も可能ですし後日郵送されてくるカードを使いATMでの出金も可能です。

↑ページの先頭へ

 オンラインキャッシング、即日融資の流れ

オンラインでキャッシングをする場合、即日融資が受けられるのかという心配があるかもしれません。しかし基本的にはどこの会社もオンラインキャッシングでの即日融資は可能です。ただ、この場合本人確認書類等の提出に関しては郵送でと言うわけにはなかなかいかないので、基本的に来店での最終契約か、無人契約機での契約ということになります。流れとしては、インターネットの申し込みフォームより申し込みをし、その後担当者より電話連絡があります。そして必要書類を持って来店もしくは無人契約機に行くという流れになります。そして契約書を作成し、カードが発行されればキャッシング可能となります。このようにどの業者もすばやい対応が可能となっています。

↑ページの先頭へ

 キャッシングのカード

融資の申し込みをし、審査にとおり契約をするとキャッシング専用のカードを発行されます。またクレジットカードの場合キャッシング機能がついていれば、そのクレジットカード自体がキャッシングのカードとしてATMで利用することが出来ます。このカードは各社の会員カードという位置づけでもあり、各社で様々な特典を用意していたりもします。またこのカードの使い方は、一般的な銀行のキャッシュカードと同じで、そのカードの発行元と提携しているATMで使用し暗証番号を入れると、いつでも融資を受けることが可能です。ただしこのカード、各社で提携ATMが大きく違いがありますので、融資の際の検討材料として提携ATMも考えるのが良いといえます。

↑ページの先頭へ

 キャッシングとカードローン

キャッシングやカードローンと一括りにして考えがちですが、厳密に言うとキャッシングとカードローンには違いがあります。詳しく説明をすると、カードローンは「使途無制限」「リボ払い」「無担保」の金融商品をいい、月々一定額を返済していくものをカードローンといいます。一方キャッシングは「使途無制限」「無担保」は同じですが、返済方法が「翌月一括返済」となる金融商品のことをいいます。このように返済方法の違いで厳密に分かれているのですが、普通ユーザーにわかりやすいように、どちらも同じような使われ方をしていると言うのが現状で、借り入れ時にその都度返済方法を選ぶことも出来るので、利用する側にはそこまで違いがないといえます。

↑ページの先頭へ

 クォークのキャッシング

クォークはクレジットカード会社として、それなりの知名度がありCMでも露出があった会社ですが、現在は合併により株式会社セディナと名称が変わっています。ただ、クレジットカードのブランドとしてのクォークは残っており、セディナクォークカードなどその名をとどめています。当然セディナクォークカードにもキャッシング機能は付属しており、使い方はATMからの出金か電話でキャッシングをするテレホンローンサービスの2種類となっています。提携ATMはゆうちょ銀行をはじめ、イオン銀行、三井住友銀行や多数の地方銀行、そしてコンビニはセブン銀行、ローソンATMやEnetコンビニATMとほとんどのコンビにでも利用でき非常に便利に利用できます。

↑ページの先頭へ

 グレイスのキャッシング

融資までの時間が非常に短いと言えばグレイスのキャッシングになります。ただこのスピードは、金額としては50万円までということになり、この金額を超える場合は別途審査が必要となるので多少の時間は必要です。この非常に短いと書いた時間、どのくらいかと言うとなんと最短で10分と非常に早く結果が出ると言うところが特徴です。このグレイスも他の会社と同じように、インターネットやモバイルから申し込みが可能で来店の必要は基本的にありません。オンラインキャッシングなので24時間申し込み可能ですが、深夜の申し込みは翌日の連絡となることは否めません。また審査通過後は振込先に即入金と言う流れになっており緊急時の利用には便利です。

↑ページの先頭へ

 クレジットカードキャッシングの利用方

クレジットカードには一般的にキャッシング機能が付属しており緊急時の借り入れが可能となっています。これはクレジットカード発行時にその利用者に応じたキャッシング限度額も設定され、クレジットカード発行と同時にキャッシングも利用することが出来ます。利用方法は提携ATMでの出金か電話やインターネットでの申し込み後の振込みとなります。これらの使用時には返済方法の選択が可能で、翌月一括で返済する場合はキャッシング、リボ払いによる月々の返済の場合はカードローンという形になります。ただこの機能、クレジットカードの盗難にあった場合、ショッピングで使用されたものには保険救済がありますがキャッシングにはないので注意しましょう。

↑ページの先頭へ

 JAバンクのキャッシング、クローバーローン

厳密にいうとキャッシングとは違うのですが、ローンのひとつとしてJAのクローバーローンがあります。これはJAの会員であると言う前提があるのですが無担保で尚且つ原則使途無制限で融資を受けられる金融商品です。このクローバーローンがキャッシングと異なる点は翌月一括返済ではなく、元利金等返済で毎月一定額支払っていくというところで、さらに毎月返済方式と特定月増額返済方式を選ぶことが出来ます。また保証人も、一般的なキャッシングと同じように原則不要で、これはJAが指定する保証機関の保証を利用すると言うことが保証人不要の要因となっています。ただ融資時に保証金が必要で、一括で支払わなければならないという条件があります。

↑ページの先頭へ

 キャッシングの高額借り入れと審査

キャッシングで高額借り入れをする場合、やはりそれ相応の審査が必要となります。基本的にどこも30万から50万円という金額では審査が比較的簡単で、ある程度の書類さえそろっていれば問題がないといった状態です。ただここを超えてくると審査も徐々に厳しくなり、300万から500万の高額キャッシングになれば、収入証明などが必要で、また金額によっては実印や印鑑証明、会社経営者であれば会社の登記簿謄本、保証人、担保そして使用用途によってはその見積書なども必要となってきます。さらに、探せばもっと高額の融資をしてくれる会社もありますが、当然担保を必要としており高額になればなるほど審査も条件も厳しくなるのが現状です。

↑ページの先頭へ

 コンビニでキャッシングの利用

多くのキャッシングはコンビニのATMで利用可能です。例えばセブン銀行はセブンイレブンで、イオン銀行はミニストップでと銀行を所有しており、その銀行と提携している場合は確実にそのコンビニで利用が出来ます。また、ローソンATMはもとより、Enetと提携している場合は、サークルKサンクス、ファミリーマート、ヤマザキデイリーストアなどさらにコンビニでの利用範囲が広がります。このコンビニでのキャッシングの利用ですが、基本的に24時間引き出しの手数料がかからないという会社が多く、葬儀などの緊急時に非常に適しています。ただ、キャッシングの会社によって提携先が異なっているので、利用前にATM検索で調べてから行く必要があります。

↑ページの先頭へ

 キャッシングの返済はコンビニで!!

キャッシングをコンビニで利用できることは多くの人が知っているとは思いますが、コンビニで引き出しだけではなく、返済をコンビニ払いで出来ることを知っている人は少ないかもしれません。このコンビニ払い、大手と言われるキャッシングの会社のほとんどで利用可能で、三菱東京UFJ銀行系のモビットやプロミス、武富士、そしてアコム、その他多くの会社で利用可能です。 コンビニでの支払い方法ですが、各社提携している会社が異なることと、コンビニ自体が対応しているところが少ないと言うこともあり多少利用に手間がかかるのですが、基本的にはLoppiやFamiポートのようなマルチメディア端末が設置してある店舗で、それを使い返済をします。

↑ページの先頭へ

 キャッシングはお得なサービスもたくさん!!

キャッシング会社も顧客獲得のため多くのサービスを展開しています。これは大手でもその他でも同じで非常に魅力的なものも多く存在します。例えば業者によって様々なキャンペーンを行っており、WEBキャッシングであればCMで流れている曲の着うたダウンロードサービス。またその他キャッシングの場合、一定期間の金利ゼロキャンペーンや、提携クレジットカードの永年年会費無料得点、会社によってはキャッシング契約した方に抽選で商品券やQUOカードのプレゼントと言うところもあります。またポイントサイトなどから申し込みをすると高額ポイントが還元されるなど、探せばお得な情報はたくさん。キャッシングする時にはそこも検討してはいかがでしょうか。

↑ページの先頭へ

 ジオキャッシングは地球規模の宝探し

GPSの発達で最近行われるようになったゲームにジオキャッシングというものがあります。これは地球規模で行われる宝探しゲームで、語原は、「地球」「大地」を意味する geo と、動詞としての「隠す」「畜える」を意味する cacheを元にした造語です。プレイの方法や基本的なルールはいたってシンプルで、まず、あるプレイヤーはキャッシュと呼ばれる宝箱に見立てた容器を隠し、隠した場所の座標をGPSレシーバーで取得、アメリカにあるジオキャッシング公式サイトに隠し場所のヒントとその座標を登録し公開します。その情報を見た別のプレイヤーが、公開された座標を頼りにGPSレシーバーを使ってキャッシュを捜しに行くゲームがジオキャッシングです。

↑ページの先頭へ

 キャッシングによくある失敗談

何事にも失敗はつき物ではありますが、キャッシングに関しては失敗すると取り返しのつかないことになりかねません。その取り返しのつかないキャッシングの失敗談、やはり一番多いのがちょっと借りるつもりが膨らんで多重になってしまうと言うもの。特にクレジットカードにはキャッシング機能がついており、しかも現在誰もが2枚以上のクレジットカードの持っている時代、少しの気の緩みで全てのクレジットカードキャッシングを使ってしまうと言う事態に陥りかねなません。インターネットを調べてみるとやはりこの多重になってしまったという失敗談がほとんどで、簡単便利にいつでも使えるというキャッシングの特徴の落とし穴になっているのではないでしょうか。

↑ページの先頭へ

 シミュレーションで計画的なキャッシングの利用を

キャッシングやカードローンを申し込みするとき、どの会社のサイトにも借り入れシミュレーションと返済シミュレーションが用意されています。まず借り入れシミュレーションですが借り入れに必要な個人情報を入力すると簡単な審査を受けることが出来ます。このシミュレーションでは融資可能かどうかだけが表示され、そのままの流れで申し込みフォームに行くことができます。また返済シミュレーションですが毎月返済する場合と完済までの期間をシミュレーションでき、それぞれ借り入れ希望額と返済月数や毎月希望返済額を入れると、それぞれ計算されたデータが表示されるようになっています。このように借り入れ前にシミュレーションし計画的に利用したいものです。

↑ページの先頭へ

 キャッシングの借り入れの上限額

キャッシングやカードローンをする時には必ず借り入れする上限金額があります。この上限金額、法改正のため現在は厳密に決められています。キャッシングのような無担保ローンの場合年収の3分の1が上限で、例えば年収300万円の人の場合100万円が上限と言うことになります。この年収、配偶者の年収も合算することができその場合は自分の年収を証明する書類に加え、配偶者の年収を証明する書類も必要です。そして夫婦で借りる場合さらに夫婦関係を証明する住民票などの書類や配偶者が借り入れを行うことを証明する書類も必要です。この年収の証明ですが、利用者の年収を正確に把握するためや、法律の規制を超えた貸し付けを行わないようにするためです。

↑ページの先頭へ

 ショッピングで少し困ったときのキャッシング

キャッシングをするときの理由は何か正当なものがなければならないのか。これはキャッシングの知識がない人にとってはかなり考えるところです。しかしキャッシングは使途無制限というのが基本になっているので、生活費だけではなくショッピングや遊びのお金が足りないときに使うことも可能です。クレジットカードについているキャッシング機能を使う場合はATMから引き出すと言う手段がありますが、ショッピングをするのに貯金をおろすのを忘れていたという場合に、近くの提携ATMに行き必要分だけキャッシングすると言う方法も可能です。しかし計画的に必要分だけをキャッシングしないと、後で取り返しのつかないことになりかねないので注意しましょう。

↑ページの先頭へ

 キャッシング枠とショッピング枠

クレジットカードには、「キャッシング枠」と「ショッピング枠」とがあります。キャッシング枠とは、クレジットカードで現金を借りられる限度額をいい、キャッシュカードでの出金とは違い手数料がかかります。一方、ショッピング枠は、クレジットカードで買い物などができる限度額のことです。返済は、一括払いと2回払いまでは手数料無料ですが、分割払い、リボルビング払いなどは手数料がかかります。キャッシング枠の限度額は、ショッピング枠よりも低い反面、手数料が高いため、ショッピング枠を現金化して利用する人も多く、専門の業者があります。ショッピング枠の現金化は、クレジットカードを利用するため、借入れ手続き不要というメリットがうれしいですね。

↑ページの先頭へ

 キャッシングの審査は、今すぐネットでできる

キャッシングは、無担保・無保証人で借りられることで、ちょっとしたお金が必要なときは大変重宝します。使用目的自由のため、今すぐ借りたいという急な出費のときにも、キャッシングは大変ありがたい存在です。キャッシングの申込や審査は、インターネットからできる金融機関もあり、今すぐお金を借りたいときも、金融機関窓口まで出向く必要がありません。もちろん、審査には、申込者の住居や職業、年収などの「属性」が必要ですが、インターネットで申込むときに必要書類をFAXで送付します。その後は、コンビニなどのATMで、専用のカードを使って借入れや返済ができるため、キャッシングは忙しい人にとっては大変ありがたいシステムだといえます。

↑ページの先頭へ

 スピードがいのち「即日キャッシング」とは

キャッシングができる金融機関を分類すると、銀行系、信販系、消費者金融系、IT系などになります。そのなかでも、消費者金融系、IT系の金融機関は、申込から審査・借入れまでのスピードが速く、急な出費が必要なとき大変重宝します。「即日キャッシング」は、融資を申込んだその日に借入れができる「スピードがいのち」のキャッシングです。キャッシング申込時には、申込者の住居や職業、年収などの「属性」が必要ですが、関係書類をFAXで送付することで即日審査、即日キャッシングが可能になるのです。急な出費が必要になったとき、クレジットカードの「キャッシング枠」を使うと審査なしで即日キャッシングができますので、合わせて覚えておきたいですね。

↑ページの先頭へ

 セゾンカードのキャッシングとは

セゾンカードは、「永久不滅ポイント」をキャッチコピーにしたクレジットカードです。 ネットショッピング、携帯電話広告のクリック、公共料金の支払いなどにセゾンカードを利用するとポイントが貯まっていきます。また、「フラット35」の借入時には、10年間・金利0.3%の優遇措置が受けられます。セゾンカードのキャッシングは、パソコンや携帯電話からの「ONLINEキャッシング」や、現地通貨でキャッシングができる「海外キャッシング」などが便利です。「ONLINEキャッシング」の申込は、金額は1~300万円、24時間可能、振込手数料無料などの特典のほか、利用返済回数:1~110回、返済期間:1~110ヶ月という配慮がうれしいですね。

↑ページの先頭へ

 セブン銀行のキャッシングとは

セブン銀行は、ATM事業や金融サービス事業に力を入れる金融機関です。セブン銀行では、「キャッシングリボ払い」「キャッシング1回払い」というキャッシングサービスの利用ができます。また、利用残高照会、返済可能額照会などのキャッシングサービスの利用も可能です。セブンイレブンなどの店舗、空港や駅、金融機関など、全国各地にATMを設置して、24時間・365日稼動しており、JCBカードの利用ができます。 イトーヨーカドー内の「みんなの銀行窓口。」やホームページの「みんなのマネーサイト。」では、銀行代理業務や取次ぎ業務・金融商品仲介業務を行っています。そのほか、ATMサービスや口座サービスなどにも積極的な取り組みがみられます。

↑ページの先頭へ

 キャッシングの注意点とは

キャッシングは、使用目的自由で借りられるお金です。しかも、無担保・無保証人で借りられるため、たとえ身内とはいえ、借入を人に知られることがない気軽さが人気になっています。また、キャッシングの申込をインターネットででき、融資がすぐ受けられる「即日キャッシング」は、急な出費が必要なときの心強い見方です。さらに、借入や返済は専用カードの発行により、コンビニなどのATMを使って自分でできることも便利なしくみのひとつです。その反面、カード1枚でお金が出てくるキャッシングは、借入だという意識をもつ必要があり、それが大事な注意点になります。また、キャッシングに頼りすぎないで、自分の収入だけでやりくりをすることも注意すべき点です。

↑ページの先頭へ

 キャッシングと取立て

お金を借りた以上、いずれは利息を付けて返済しなければなりません。それが、金融機関で借入をするための常識です。しかし、専用カードを使ってコンビニなどのATMを使って、自分で借入・返済ができるキャッシングは、まるで「打ち出の小槌」の感覚に陥ることがあり、返済意識が薄れてしまいます。キャッシングなどの借入返済が滞ると、金融機関からは返済を迫られることになります。なかには、明らかに日常生活を脅かすような取立てがあり、大きな社会問題にもなっています。そのような取立て行為に遭わないためにも、キャッシングをするときは、金融機関選びは慎重にする必要があります。悪徳業者の甘い誘い文句に騙されないように、十分注意しましょう。

↑ページの先頭へ

 ニッセンのキャッシングとは

ニッセンDEクレジットは、ニッセンと米国のGE(ゼネラル・エレクトリック)の協同出資によって2000年に開業、個人の顧客をフォーカスした金融サービス業を展開しています。カタログ通販最大手のニッセンは、会員になると「マジカルクラブカード」への入会ができ、購入した商品代金決済に利用できます。また、マジカルクラブカードでのキャッシングは、急な出費が必要になったときの心強い味方になります。キャッシングの申込は、パソコンや携帯電話、メールなどからの受付を24時間で受け付けています。全国各地のCD・ATMからも利用できるなど、マジカルクラブカードはショッピング以外にも活用方法があり、いざというときに大変重宝します。

↑ページの先頭へ

 バンクカードとキャッシング

バンクカードとは、銀行が発行するクレジットカードのことをいいます。バンクカードは、VJA(バンクカードサービス)に加入している全国の11銀行から発行されており、その特典は銀行によりいろいろです。横浜銀行は、預金引出、残高紹介、預金預入、定期預金作成、振込などを行えます。また、但馬銀行は、キャッシングリボ、キャッシング一括の申込や、海外ATMによる「海外預金引出サービス」が特徴です。そのほか、伊予銀行では、国内外での預金引出やショッピング、デビットカードとしての特典をアピールしています。ちなみに、VJAに加入してクレジットカードを発行しても、バンクカードではない地方銀行が7つありますので注意してください。

↑ページの先頭へ

 三井住友ビザカードのキャッシング枠は

ビザ(VISA)カードは、2004年12月現在の加盟店舗2,400万店、売上高の世界シェア約60%という圧倒的人気を誇る「国際ブランド」のひとつです。国際ブランドはVISAのほか、Master Card、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブがあります。三井住友カード株式会社が発行している「三井住友ビザカード」にはいろいろな種類がありますが、なかでも、ゴールドカードには人気の高いカードです。ゴールドカードの総利用枠は70~200万円ですが、そのなかでキャッシング利用枠は0~100万円を設定できます。また、キャッシングリボは利用者の希望を元にして、キャッシング利用枠の範囲内で決めることができます。

↑ページの先頭へ

 ファーストローンプラスのキャッシングとは

クレジットカードの「国際ブランド」のひとつJCBのキャッシングとして、ファーストローンプラスがあります。国際ブランドには、VISA、Master Card、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの5種類があり、JCBは人気の高いブランドとして知られています。ファーストローンプラスは、株式会社JCBが扱うキャッシングで、融資可能額50~300万円、審査・融資が即日可能などのメリットがあります。また、提携金融機関やコンビニのATMのほか、電話による振込キャッシング融資方法のひとつにあげられます。そのほか、来店不要、担保・保証人不要、使用目的自由など、キャッシングならではの特典がうれしいプランです。

↑ページの先頭へ

 ファミマTカードのキャッシングとは

ファミマTカード(Famima T Card)は、ファミマクレジットが発行するポイントカード・クレジットカードのことをいいます。ファミマTカードは、親会社のファミリーマートが展開するカードで、ファミリーマートでの買い物に対してポイントが付与されます。旧ファミマカードは、2008年10月31日で全サービスを終了して、現在のファミマTカードに移行しましたが、それに伴う手続き変更が必要になります。旧ファミマカードのクレジット機能には、ショッピング、キャッシング、ETCが付いていますが、それらの支払い方法の変更手続きも必要です。また、旧ファミマカードでのキャッシング残高がある場合は、引き続き返済義務がありますので注意しましょう。 

↑ページの先頭へ

 キャッシングファミリアとは

キャッシングを受けるには、住居や職業、収入などの「属性」の申請が必要です。金融機関は、申請書をもとにして「個人信用情報機関」に照会をします。万一、過去に返済遅延や長期延滞がある場合や多重債務者などは「ブラックリスト」に登録されるため、金融機関からのキャッシングは断られてしまいます。キャッシングファミリアは、ブラックリストに登録された人には大変ありがたい金融機関です。過去に事故歴があっても免責が決定している場合や民事再生中の場合でも、キャッシングファミリアでは審査を受けることができるのです。契約や返済は店頭窓口で行うため、大阪と兵庫在住の人のみが対象になります。なお、現在、この商品は取扱休止になっているようです。 ※「キャッシングファミリア」は、一部のサイトでは「現在取り扱い休止」の表示があります。また、紹介サイトから公式サイトへのリンクができない状態です。

↑ページの先頭へ

 複数のキャッシングをするときは

キャッシングは、無担保・無保証人で申込ができ、コンビニなどのATMによって借入・返済ができる気軽さが人気になっています。また、申込には、住居、職業、収入などの「属性」の審査は必要ですが、使用目的自由で申込めるプランの存在が、消費者にはうれしいものです。その反面、複数の金融機関からキャッシングをすることが問題になっています。なかには、借入返済のために新たな借入をするという悪循環を繰り返し、その結果、多重債務を抱えることにもなりかねません。複数の金融機関からキャッシングをするときは、自分に返済能力があるかどうか、くれぐれも注意しましょう。キャッシングは簡単にできますが、借金をしているという意識をもつことが大切です。

↑ページの先頭へ

 プライムのキャッシングとは

株式会社プライムのプライム500は、最高500万円まで借りられる大口融資です。プライム500の存在は、複数の金融機関からキャッシングをしている人にとって、借入をまとめられる大きなチャンスです。融資の対象は20歳以上で定期的な収入がある人で、慎重な審査が必要になります。返済は、最長72回という長期返済を選ぶこともできることや、借入や返済は口座振込のほかATM対応になっていることが便利です。このほか、最高150万円が即日振込可能な「振込ローン」や、根抵当権設定による最高5,000万円までの「不動産担保ローン」もあり、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。なお、現在プライムローンは取扱休止になっているようです。 ※「プライム500」は、一部のサイトでは「現在取り扱い休止」の表示があります。また、紹介サイトから公式サイトへのリンクができない状態です。

↑ページの先頭へ

 キャッシングとブラックリスト

キャッシングを申込むと、住居や職業、年収などの「属性」の確認をする必要があり、また、関連する書類の提出も求められます。キャッシングを申込んでも審査が通らない場合には、自分の情報がブラックリストに登録されている可能性が考えられます。ブラックリストとは、「融資不適格者リスト」のことをいい、返済の遅延や長期延滞、多重債務などのキャッシングに関する事故記録が登録されています。金融機関は、顧客からキャッシングなど融資の申込があると、融資の不可の審査のひとつとして「個人情報機関」に顧客情報を照会します。返済遅延などは約5年間、破産宣告などは7~10年間、ブラックリストに記録が残り、新たな融資を受ける妨げになります。

↑ページの先頭へ

 ブラックリスト登録の多重債務者に審査の甘いキャッシングとは

融資不適格者リスト」、俗にいう「ブラックリスト」に登録されると、新たな融資を受けるときの審査にひっかかってしまいます。多重債務者の場合も、ブラックリストに登録されるキャッシング事故記録の原因になります。いわゆる多重債務者に陥る原因は、借入返済のために別の金融機関から新たに借入を繰り返すという悪循環にあります。このようなことを繰り返すと、新たな借入ができなくなりますが、なかにはブラックリスト登録の多重債務者に審査の甘い金融機関も存在します。法外な利息を付けて融資をして、執拗に返済を迫る「悪徳業者」も、審査の甘い金融機関のひとつです。キャッシングは無担保・無保証人で融資の魅力ですが、申込には十分注意しましょう。


→債務整理しませんか?【ジャパンネット法律事務所】へ

↑ページの先頭へ

 「ブラックNICOS」のキャッシングとは

キャッシングの申込には、住居や職業、年収などの「属性」が審査の対象になります。また、それらの情報を「個人情報機関」に照会して、融資の可否を判断します。返済の遅延や長期延滞、多重債務など融資に関する事故歴は「ブラックリスト」に登録されるため、金融機関からの融資を受けることはできなくなります。ところが、そういう人たちを対象にした「ブラックNICOS」の金融機関が存在します。融資を受けるためには藁にもすがりたい気持ちになりますが、「ブラックNICOS」のキャッシングをうたい文句にする金融機関は「悪徳業者」の可能性が高いのです。ブラックリストは、消費者本人を守る役割もあります。「ブラックNICOS」の金融機関には十分注意してください。

↑ページの先頭へ

 キャッシングとフラット35

金融機関には、カード会員が「フラット35」の申込時に、金利などの優遇措置を設けているところもあります。フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構の提携による「長期固定金利の住宅ローン」のことです。フラット35には、金利が長期固定であること、返済期間を20~35年の長期に設定できること、保証料や繰上げ返済手数料が不要などの特典もあり、大変人気になっています。ところが、キャッシング残高がある場合、フラット35融資審査に通らない場合があるのです。それを回避するためにも、フラット35の申込時には、キャッシング残高の速やかな返済をすることが大切です。また、キャッシング完済後は「解約」することをお勧めします。

↑ページの先頭へ

 フレッシュマン対象のキャッシングとは

キャッシングは、使用目的自由、無担保・無保証人で受けられる融資として、大変人気になっています。また、自営業者や学生、主婦、フレッシュマンなど、収入面で課題をかかえる人を対象にしたプランもあり大変重宝されています。フレッシュマンはまだ収入がありませんが、将来の収入を見込んで融資がなされるのです。フレッシュマンを対象にしたプランは、使用目的がはっきりしていること、融資限度額が低めに設定してあること、審査が慎重なことなどの共通点があげられます。晴れてフレッシュマンとして社会に出る若者ですが、新生活が落ち着くまではいろいろと出費がかさみます。こんなとき、急場をしのげるキャッシングやローンの存在は大変ありがたいですね。

↑ページの先頭へ

 プロミスのフリーキャッシングとは

テレビCMでもおなじみのプロミスには、フリーキャッシングがあります。フリーキャッシングは、プロミスのキャッシングプランのひとつですが、お金を自由に使いたい人に向いています。フリーキャッシングには、3つのポイントがあります。1、契約期間内での出し入れが自由な「リボルビングシステム」です。2、利息は日数計算のため、給料日前の短期間の利用にも最適です。3、パソコンからの申し込みは24時間NICOSです。融資額は1~300万円ですが、20~65歳の人は50万円以下に限定され、23~65歳の人は50万円を超えて借りることができます。また、50万円を超える場合は所得証明の書類が必要で、審査も慎重になるという特徴があります。
125*125

↑ページの先頭へ

 ヘラクレスのキャッシングとは

キャッシングなどを扱う金融機関は、国や都道府県に営業届けをすることで貸金業登録番号が付与され、営業を始めることができます。また、3年に一度には更新手続きが必要です。更新回数は貸金業登録番号の( )内に記載され、たとえば「関東財務局長(3)第05877号」という形で発行されます。この貸金業登録番号は、店舗や資料にわかりやすく掲示する必要があります。しかし、大変残念なことに金融機関には悪質業者もあり、上記の番号に該当するヘラクレスもそのひとつになります。ヘラクレスは、金融庁の登録貸金業者情報にも登録されていないようです。キャッシングを申込むときには、事前に金融機関情報をよく調べるように注意してください。 ※「ヘラクレス」は、複数のサイトで「悪徳業者」の表示や指摘があります。また、詳細について記載されているサイトもないようですのでこのような記事とさせて頂きました。

↑ページの先頭へ

 キャッシングと返済期日

キャッシングは、金融機関発行の専用カードを使ってATMから自由に出し入れできることが大きな特徴です。返済方法は、金融機関窓口での現金払い、振込などがありますが、指定日に口座引落しするなど、返済期日が決まっている金融機関も少なくありません。また、ATMを使って、自分の都合のいいときに返済できるシステムも重宝されています。キャッシングをするときは、借入をしているという認識をもつことが大切です。そのためにも、返済期日をきちんと守るという、計画的な利用をするようにしましょう。キャッシングの返済期日を守らない場合は、当然、延滞利息が付いてきます。また、返済の遅延がたびたび重なると、ブラックリスト登録の恐れもあります。

↑ページの先頭へ

 キャッシングの返済不能にならないために

キャッシングは、インターネットから申込ができる「即日キャッシング」などがあり、急な出費のときに心強い味方になります。しかし、専用カードを使ってATMから入出金ができることから、借入をしている感覚がなくなってしまいます。複数の金融機関から借入を繰り返すうちに多重債務になり、ついには返済不能になるケースも少なくありません。キャッシングが返済不能になると、自己破産などの法的手続きをすることになります。自己破産などにより通常の生活に支障はありませんが、ブラックリストに登録され、新たなキャッシングの制限を受けます。また、ブラックリストが悪徳業者のターゲットになりますので、返済不能にならないように十分注意しましょう。

↑ページの先頭へ

 キャッシングのポイントとは

キャッシングを申込むときは、金融機関選びのポイントがあります。まず、金融機関の系列を決めることが大切ですが、経営基盤が大きいところを重点的に選ぶと安心できます。具体的には、銀行系、信販系、消費者金融系の順番になります。次に大切なポイントは、キャッシングの限度額の設定ですが、自分の希望する額が借りられる金融機関を選ぶようにしましょう。そして、もちろん金利を無視することはできません。できる限り低金利の金融機関を選ぶことは、計画的な返済のためのポイントにもなるのです。そのほか、審査基準、クレジット機能、女性専用プランなど、キャッシングの金融機関選びにはいろいろなポイントがありますので、慎重に比較・検討しましょう。

↑ページの先頭へ

 これだけははずせない! キャッシング選びのポイント

キャッシングを検討しているみなさまへ、これだけは覚えておいてもらいたいポイントについてまとめてみました。キャッシングではずせない最大のポイントは2つ。金利と不定期増額返済です。一般に、返済は借りた額の倍であるといわれています。金利がいかに重要であるかは言うまでもありませんね。そして、余裕のある時には自由に増額して返済できることも、返済額を少なくするためには重要です。しかしながら、その2点では語れない部分もあります。例えば、急いで必要な場合には、審査時間等、融資まで時間も重要です。すでに借入がある場合には、ある程度審査の「甘さ」も必要ですね。「貸し手責任」が重要視され、貸す側も慎重になっている傾向があります。じっくり比較して検討するようにしたいものです。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「ポケットカード」

ポケットカード株式会社は、ローン&キャッシングのカード会社です。キャッシング専用、ローン専用のカードも発行しています。ポケットカードのキャッシングの金利は、13.20%~17.95%(2009/08現在)と、銀行系ほど安くはありませんが、ローンとキャッシングを中心に展開している会社なので、信頼には足ると思われます。返済方法は、元利一括払いとリボルビング払いが選べ、臨時返済も可能です。コンビニや銀行などのCD・ATMで借入が可能で、深夜や早朝、土日でも利用ができるメリットがあります。担保は不要で、パート・アルバイトや自営業、年金受給者の方に対しても融資可能。所得証明等、最初の手続は多少時間がかかりますが、便利で借りやすい会社です。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「マスターカード」

マスターカードは、クレジットカードの会社です。提携会社が多いので、すでに持っていらっしゃる方も多いかもしれませんね。マスターカード自体は、キャッシングの会社ではありませんから、キャッシングとして考えるのならば、提携会社が重要です。例えば、「アコムマスターカード」は、キャッシング会社であるアコムとの提携カードで、金利は7.7%~18.0%と、大変低くなっています。また、通常のクレジットカードよりも審査がゆるく、学生や主婦でも持ちやすいカードです。マスターカード自体はクレジットカードですから、どの提携カードであってもクレジットカードとしての機能は一流です。キャッシング専用のカードとは違い、人目を気にせずに使用できることも魅力です。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「パルコ」

地方ではあまり馴染みがありませんが、パルコはファッション中心のショッピングストアです。パルコのキャッシングは、株式会社エポスカードが担っています。エポスカードは、パルコでのお買物はもちろん、VISAとも提携しているクレジットカードで、キャッシングに特化しているものではありません。典型的なショッピングカードです。金利はあまり安くはありませんが、また、カードのATM・CDならば千円単位での利用が可能です。リボ払いや増額払いも選ぶことができ、急な出費に対応しやすいと言えます。キャッシングを中心に考えるのならばあまりおすすめしませんが、借りやすさと返しやすさがポイントの、「もしものために」あるといいカードです。
PARCOカード

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「みずほ銀行カードローン」

みずほ銀行は、宝くじの発行で有名な大手銀行です。みずほ銀行のキャッシングは、みずほ銀行カードローンといい、典型的な銀行系キャッシングです。銀行系の特徴に違わず、金利は5.0%~14.0%とかなり安めです。審査は保証会社である株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)が行うため、決して甘くはありませんが、信頼度も高い会社です。安定した収入のある方で、他に借入がないのならば大変おすすめの会社であるといえるでしょう。担保や保証人も、オリコが保証してくれるため必要ありませんから、知人に迷惑をかけることもありません。銀行のキャッシュカードと一体型のカードも選択でき、お持ちの口座から自動振替ができます。返済も簡単です。

↑ページの先頭へ

 未成年の方でもできるキャッシング

未成年の方でも、18歳以上であればキャッシングの相談に乗ってもらえる会社があります。とはいえ、もちろん未成年者のキャッシングにはそれなりに厳しい審査基準を設けている場合が多いのが現状です。収入のない学生さんにも融資してもらえる会社があったのですが、近年の法改正により、今は無理になっています。もっとも審査の通りやすい未成年者は、18歳以上の既婚者でしょう。これは、民法により婚姻すれば成年に達したものとみなされるとの記述があるためです。クレジットカードの規定も、そのほとんどが20歳以上を対象としていますが、学生専用カードなどであれば可能な場合もあります。ライフカードなど、クレジットカードメインであれば融資可能な場合が望めます。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「ユニティーワンキャッシング

ユニティーワンキャッシングは、クレジットカードのショッピング枠を利用して擬似キャッシングのような仕組みを提供する会社です。一般に、クレジットカードのショッピングとキャッシングでは、ショッピングの方が金利が安くなっており、ショッピングの方がお得であるわけですが、現金が必要な場合には、キャッシングを利用する他ありません。しかしながら、ユニティーワンキャッシングでは指定商品をクレジットカードにて購入することにより、その何割かをキャッシュバックするとの仕組みをとり、キャッシングを利用せずに現金を得ることができるのです。不思議な仕組みですが、法的に問題はないそうで、基本はキャッシュバックのあるネットショッピングです。クレジットカードキャッシングを検討している方はこちらの方が有利かもしれません。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「ゆめカード」

ゆめカードは、ゆめタウン・イズミ・夢彩都でのお買物で使えるショッピング系のカードです。ゆめタウンは九州を中心に展開しているショッピングチェーン店なので、日頃お買物をする人におすすめです。クレジット機能もあり、JCB、VISA、マスターカードから選べます。ゆめカードのキャッシングは、イズミ・ゆめタウン設置のゆめカードATMほか、コンビニや銀行など、約71,000台のATMキャッシングが可能です。金利は18.0%と、ショッピングカード系のカードとしては一般的な金利。もっと金利を抑えたいのならば、銀行系の方が特ですが、急な出費や、少額の借入に便利なカードであるといえます。返済方法も、一括、分割、リボと選べますから、ゆめタウンが近くにあるのならば検討されてもいいと思います。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「ライフカード」

ライフカードは、クレジットカード発行会社のひとつです。VISAやマスターカードなどと提携していて、ライフスタイルにあわせてライフカードを選択することができます。スタンダードなライフカードは、年会費も不要で、VISAかマスターカードを選択できます。キャッシングは、金利15.0~18.0%と、クレジット系のキャッシングとしては一般的な利率ですが銀行系に比べると安いとはいえません。もちろん、ATM・CD機でのキャッシングが可能ですので、急な出費には対応しやすいですね。学生専用カードでも、10万円までの利用が可能とのこと。未成年者については親権者の同意が必要となりますが、高卒以上であればカードが作れるのは魅力です。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「ラビット」

ラビットは、キャッシング専門の会社です。利率は25.55%と、昨今の中ではかなり高いです。はじめての借入にはおすすめしません。ラビットでのキャッシングの魅力は、過去に自己破産や民事再生などがあっても審査をしてもらえるなど、他社で断られることの多い方でも融資の可能性がある点です。審査時間も、15~30分とかなり短く、どうしてもキャッシングの必要があるという場合には大きな魅力となるでしょう。こういった会社にはめずらしく、担保や保証人は審査段階では必要としません。審査の結果、保証人をお願いする場合はあるようです。ただし、1年以内の返済となっているので、月々の返済額は少なくありません。十分計画性をもって利用するようにしましょう。

↑ページの先頭へ

 キャッシングのランキングを利用する!

いったいどのように情報を収集しているのか、その信頼度には若干の疑問はありますが、キャッシングを利用する上で、各種ランキングは大変便利です。キャッシングに関するランキングを利用する場合には、複数のランキングを見て検討するようにしましょう。まずみて欲しいのは、利率ランキング。利率に幅のある会社の場合、融資額によって利率は変動しますから注意するようにしてください。総合ランキングは便利ですが、基準が不明瞭な場合が多いので、あくまで参考までにとどめましょう。ちなみに、私のおすすめは 1位 三菱東京UFJ銀行カードローン 2位 アコム 3位 キャッシュワンです。利率も安く、信頼度も高いのが特徴です。ただし、きちんと計画的に返済できることが前提です。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「りそな銀行」

りそな銀行は、埼玉を中心とした銀行です。大手銀行なので、カードローン(キャッシング)だけでなく、住宅ローンの借り替えなど、融資の体制がしっかりしています。信頼性は高いといえるでしょう。りそな銀行のキャッシングは、「りそなクイックカードローン」「りそなカードローン(有担保型)」があり、他に、各種フリーローンなどもあります。りそなのカードローンは、銀行ならではの変動金利で、2009年8月現在、「りそなクイックカードローン」では12.475%、「りそなカードローン(有担保型)」では、なんと2.975%です。担保として可能なのは、不動産か有価証券ですから、利用できる人は限られますが、もし可能ならばとても有利なカードローンです。

↑ページの先頭へ

 三井住友VISAのキャッシングリボ

三井住友のVISAカードには、「キャッシングリボ」というキャッシングがあります。キャッシングリボは、その名のとおりキャッシングの利用代金をリボ払いで返済するというもの。毎月一定額の返済なので、非常に返済が楽です。金利は14.4~18.0%と、特別低くはありませんが、クレジット系の中では妥当であるといえるでしょう。リボ払いでの毎月定額返済ですが、ボーナス月に増額返済を併用することも可能ですから、余裕があれば早く返すことも可能です。担保や保証人は不要ですから、知人に迷惑をかけることもありません。返済シュミレーションもありますから、リボ払いが心配なら借入の前に確かめてみるといいです。基本はVISAカードですから、クレジットカードとして1枚検討してみるといいでしょう。

↑ページの先頭へ

 キャッシングの謎 「リボ払い」って?

近年のキャッシングでは、リボ払いでの返済が多くなりました。リボ払いというのは、利用額に応じて毎月一定の金額を返済するという返済方法です。リボ払いにもいくつか種類があり、そのひとつに「元利定額リボルビング方式」と呼ばれるものがあります。例えば、5万円借りて毎月1万円ずつ返済していく、といった感じです。この場合、毎月の返済には、利息分と返済分とが含まれています。返済額は一定ですから、利息分を差し引いた額が返済分です。もし5万円を借りて、毎月1万円を返済、利率18%程度と考えるのなら、初回の1万円には1割弱程度が利息である計算です。これに対し、「元金定額リボルビング方式」は一定額+利息を毎月支払うので、毎月の返済は定額ではありません。先の例であれば、初回は10700~11000円程度の返済となりますね。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「ルミネカード」

ルミネカードは、ルミネと大船ルミネウィングで使える、ショッピング系のカードです。JCB、VISA、マスターカードから選べるクレジットカードなので、ルミネのショップ以外でも使うことができます。また、Suica定期券機能の付いたものも選べて便利です。ルミネカードは、キャッシングにはあまり向いていません。通常、クレジットカードや、クレジットカード機能付きのショッピングカードではキャッシング機能もついてくるものなのですが、Suicaルミネカードについてのサイトでは、「ルミネカードはショッピング専用クレジットカードです。キャッシングサービスはご利用いただけません」との記載があります。キャッシング付きのものもありますが、限度額は0~10万円とかなり低めです。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「レイク」

レイクはCMでも有名なキャッシング専門の会社です。知名度はかなり高いといえるでしょう。レイクのキャッシングは、金利15.0~18.0%とあまり安いとはいえませんが、審査が早く、30日間無利息です。自動契約機ならば、40分でカードを発行することができます。残念ながら、未成年は契約できませんが、上限は70歳と高めです。安定した収入があり、メールアドレスがあれば融資可能です。(もちろん審査はありますが)20歳以上で収入がきちんとあれば、パートやアルバイト、学生さんでも大丈夫です。また、融資は上限を決めて審査をし、上限までであればくり返し借入することができるのも魅力です。知名度の高い消費者金融ですから、検討の余地はあるでしょう。

↑ページの先頭へ

 レディースキャッシングを利用してみる

女性専用キャッシングは、レディースローンとも呼ばれます。レディースキャッシングは、スタッフが女性であることが多く、審査の際にも女性であることを配慮してくれる場合があるので主婦に優しい場合も多いです。例えば、大手消費者金融、「レイク」にもレディースローンがあります。Web限定で、通常の30日間無利息に加え、15日間無利息がついてくる(2009年8月)サービスなど、通常ではないサービスがついてくる場合もあります。月々の返済額も、2000~3000円程度と低く設定されている場合が多く、収入の少なめな女性に優しい返済プランですね。「レディースフタバ」なんかも、返済が最長6年と長めです。保証人も不要で、主婦やパートの女性にも融資可能です。
キャッシング

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「ローソン」

ローソンは、全国展開するコンビニエンスストアです。ローソンにはクレジット機能付きの「ローソンパス」というカードがあって、ローソンでの買物に大変便利です。VISAカードとの提携なので、クレジット機能も充実しています。また、JALカードも兼ねているので、そちらも利用するととても便利です。キャッシングの金利は、18.0%と、クレジット系のキャッシングとしてはよくある利率になっています。残念ながら、安くはありません。返済は銀行引き落としですが、一定期間内であれば、Webから増額返済の手続も可能なので、余力のある時には増額返済で早く返済できます。また、月々の返済も月々4千円~と、ゆっくり返すことが可能です。便利なカードなので、おすすめの一枚といえます。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「ローソンパス」

ローソンパスは、コンビニエンスストア「ローソン」のカードです。ローソンの買物ポイントカードでもあり、VISAのクレジットカードでもあり、JALのマイレージカードを兼ねるものもあります。ローソンパスは、クレディセゾンの運営で、ポイント、ショッピング、キャッシングの情報はWebで随時確認ができます。確定前に請求予定額がわかるのも使いやすいところです。キャッシング金利は、18.0%と、クレジット系のキャッシングとしてはよくある利率になっています。残念ながら、安くはありませんが、月々の返済額は4千円~と、ゆっくり返すことができます。キャッシング中心としてはおすすめできませんが、いざという時のための便利なカードとしてはおすすめです。

↑ページの先頭へ

 キャッシングとローンは何が違う?

キャッシングとローンは、若干混同されつつあるのですが、実はきっちり意味があります。 キャッシングというのは、単純にお金を借りることです。それに対してローンは、使用目的が決まっているお金を金融機関から借りることを指します。ローンには「使途が限定されたローン」と「使途が自由なローン」があり、前者は、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど、融資する側がその使用目的を定めており、それ以外に使用することはできません。使途を証明する書類が必要である場合も多く、煩わしい部分もありますが、金利が低いというメリットがあります。後者は、カードローンやフリーローンと呼ばれ、キャッシングに近い形の融資になります。住宅ローンなどに比べると、金利は高くなります。

↑ページの先頭へ

 キャッシング徹底比較 「ワイド」

株式会社ワイドは、アイフル株式会社が100%出資するキャッシング専門の会社です。しかし、残念ながら平成19年12月16日をもって、キャッシングの停止をしております。ただ、ワイドはアイフルのグループ企業なので、アイフルを利用することにすれば問題はないでしょう。アイフルの金利は、6.8%~18.0%とかなりの幅がありますが、多く借り入れる予定の人には検討の価値があると思います。類似の「ワイド・キャッシング」といった名称も飛び交っていますが、そちらは「ワイドに融資する」といった形容詞的表現であったり、まとめローンを指したりします。まとめローンは月々の返済額を減らすのに有効ですが、すでに他社での借入が複数あるため、意外と審査に通りません。

↑ページの先頭へ

 安心のキャッシングは……

はじめてのキャッシングには、不安がたくさんありますよね。安心してキャッシングを利用するためには、なにを考えて選べば良いでしょうか。もっとも安心できるのは、銀行系のキャッシングです。ローンが利用できるのであれば、銀行系のローンが金利も低く、信用度も高いので安心です。ただし、銀行は審査が厳しい傾向にありますから、きちんと収入があり、社会的信用が必要であることは必須です。キャッシングの専門店も、大手であればある程度信頼ができます。大手キャッシング専門店では、法的措置に対してもきちんと対応してくれる場合が多いです。某消費者金融で催促架電をしていましたが、返済についての対応は各社によります。できるかぎり情報収集をし、落ち着いて選びましょう。

↑ページの先頭へ

 「闇金」でキャッシング?

「闇金」とは、「闇金融」のことで、貸金業としての登録を行っていない貸金業者を指します。また、登録を行っていても、違法な高金利により貸付を行う業務も闇金と呼ばれます。 闇金でキャッシングを行った場合、基本的には高い金利に苦しむことになります。問題がないのであれば、国や都道府県に貸金業の登録をしているはずだからです。審査に通りにくい多重債務者や経営の苦しい自営業者、また、自己破産経験者が陥りやすいキャッシングなので十分に気をつけなければなりません。高金利を請求されたり、頻繁に支払を要求される場合には弁護士を通すなどして法的手段をとりましょう。法的手段は、自己破産だけではありません。ヤミ金であるとわかったなら、専門家に相談することが懸命です。

↑ページの先頭へ

 キャッシングとは? 意味知ってる?

キャッシングとは、現金を借りる、返済する、ということです。当然のことではありますが、貸金業は現金を融資し、その利息による利益で成り立っていますから、金利が0になることはありえません。キャッシングには法的にもさまざまな規定があり、トラブルを最小限にするために利用や契約にあたっては細かな規約に同意しなければなりません。ここで問題となるのが、使われている用語の意味です。用語の意味を知らないまま同意し、後々トラブルに発生することも少なくありません。私も消費者金融に勤務していたことがありますが、契約内容を把握できていない方も多くいらっしゃいましたし、貸金業に関する法律を全く知らない方も。貸金業者には説明責任があります。意味のわからないことは契約前に訊ねておきましょう。

↑ページの先頭へ

 キャッシングで一括返済はできる?

キャッシングは、借りた期間が長くなればなるほど、多くの利息を払わなければなりません。よく解っていない人もいるのですが、利息は1日単位で増えますから、1日でも早く完済した方が良いのです。一時出費のためにキャッシングを利用した場合、可能ならば一括返済した方がお得です。借入の時には一括返済できるかどうかわからなくても、余裕ができたときに残高を一括返済することが可能です。ただし、業者により方法や返済できる日は異なります。DCやATMなどで自由に増額返済できる場合には問題ないのですが、月々の返済は銀行引き落としで、といった場合には別途申請書類が必要な場合もあります。1日単位で完済額が変わってしまうので、電話問合せが必要な場合もあります。できるだけ、借入を決める前に確認しておきましょう。

↑ページの先頭へ